三ツ島ももこ オフィシャルサイト

笑顔で健康に過ごすコツを提案します🍀

がんばるほどブスになる~忙しいを味方にして美しくなる方法(前編)~

がんばるほどブスになる~忙しいを味方にして美しくなる方法(前編)~

 

「えっなんで?!」

そう思った方、いらっしゃいますか?!

 

少し過激な表現ですが、理由があります😌

今回はそれを解説したいと思います✨

 

 

なぜがんばるほどブスになるのか?

・何事も全力で頑張っている人を想像してみましょう!

あれもこれもがんばらなきゃ

全力で取り組む

追い詰めて余裕が無くなる

健康や美にかける時間と意識が無くなる

 

・余裕のある美人を想像してみましょう

冷静に分析して計画を立てて取り組む

自分ができることをしっかり行う&人に頼れる

余裕が生まれる&コミュニケーションが生まれる

健康や美にかける時間と意識が持てる

 

このような違いが出てくるのでは?!

 

上記はあくまでもイメージですが、

身体の仕組み的にも「がんばったから必ずプラスに働く」わけでは無いんです。

 

例えばあなたが、「痩せてキレイになるぞ~!」と思ったとします!

①全力で限界まで走る

②50~75%の強度で20~30分走る

どちらの方が効果があると思いますか?!

 

答えは、②です✨

 

最大心拍数(220-年齢)の50~75%の強度で運動を続けると脂肪分解反応が高まります。

感覚的には個人差がありますが、「ややきつい」くらいです!

 

私も大学時代に卒業研究(+痩せたい)で、70%強度で20分自転車を漕いでいました(笑)

 

 

前編まとめ

全力でがんばることって続かないですよね。

身体だけでなく、精神的にもダメージがあります😥

 

私も人に上手く頼れず必死にがんばりすぎた結果、適応障害になった過去があります💦

 

ついつい頑張ってしまう方、多いのではないでしょうか?

人間の身体の仕組み的にもがんばりすぎると効果に繋がらないぞ~!!

とふとした時に思い出して頂けると嬉しいです😌

 

後編では、

・忙しい毎日の中で意識して頂きたいポイント

・そのポイントを利用したストレッチや顔ヨガの方法

について書いていきます♪

 

それではまた次回😉

ここまでご覧頂きありがとうございます。

素敵な1日になりますように!

 

 

参考文献

公益財団法人 健康・体力づくり事業財団

「健康運動指導士養成講習会テキスト(上)」202ページ

株式会社 南江堂 平成29年3月31日発行